旅とグルメ  美容と健康  住まいと暮らし  ショップと企業情報
HOME > ショップと企業情報 TOP > 植物・ペット・ホビー > マーズレックス イケダ / 株式会社 イケダ


MARS REX マーズレックス

株式会社 イケダ
所在地 〒389-0603 長野県埴科郡坂城町大字南条4910-8
TEL 0268-82-1700
FAX 0268-82-1701
URL http://www.marsrex.com/
E-Mail info@marsrex.com
業務内容 パター開発製造販売
代表取締役 池田 政彦


 
一本一本、合金鋼[SCM415]を削り出して作られたヘッドは航空機部品なみの精度に仕上げられています。
またライ角、シャフト角、リアルロフト角は微調整を加えながらそれぞれ±0.15度以下の公差に組立てています。
一般に市販されているパターには少ないスキッドセオリーを実践するために開発されたパターです。
  <<< 詳細はこちら
ロフト角と同じアッパーブロー角でストロークすることにより打ち出し直後の芝の抵抗[転がり摩擦]を抑え距離、方向ともに球の転がりを安定させる打ち方です。
近年のトップアスリート達が実践している理論です。
         
ライ角
72度
ロフト角 03度
リアルロフト角 03度
標準スペック
  3.5mm〜5.5mmカット・スティンプメーターで8〜10フィートの速さを想定した仕様です。

ヘッド
SCM415(機械構造用合金鋼)硬質クロムメッキ
10μ:345g
シャフト オリジナルパターシャフト
長さ 34インチ

 
         
価格 58000(消費税別)
送料 全国一律1000円



ゴルフ科学研究所 株式会社イケダ



ゲスト 三波豊和

 『パットに形なし』といわれるように、ゴルフ理論の中で最も感覚的にとらえられているパッティング。あれこれ悩んで、いくつものパターを買い替えたゴルファーも多いのではないだろうか。そんな悩みを解決してくれるのが新しく開発されたこの『MARS REX(マーズレックス)』。ポイントはフラットソールと、『SKID THEORY(スキッドセオリー)』というボールをもっとも効率的にホールに向かわせる理論。

三波豊和:パターの取材の前に、スイングレッスンを受けさせていただきましたが、こちらのゴルフ科学研究所さんでは、クラブと身体の動きを理論的に解説していただく所からレッスンがはじまるので、非常に分かりやすく欠点が矯正しやすいですね。
池田政彦:イメージやフィーリングといった誤解を招きやすい要素を一切排除し、すべてのゴルファーに共通のクラブの動きと、それにまつわる身体の動きを科学的に指導してもらえるので、迷うことなく上達への道を見つけられるんです。それに世界で唯一、六軸スイング記憶・再生ロボットもこちらの特徴ですね。
三波:すべてが長年の研究と理論に裏付けされているんですね。
池田:ですので、このパターのお話をお聞きした時にもすぐに賛同出来ました。
三波:さて、このパターの特長ですが…。
池田:百聞は一見にしかず、まず打ってみて下さい。(パター練習場に移動) まず構える前に、ボールにパターをセットしてみてください。ソールがフラットになっているのがお分かりになると思います。
三波:なるほど、通常のパターはソールが少し丸くなっているものですが、これだとパターを置いたときにどっしりしてラインに対してピタッと決まりますね。
池田:セットした位置のグリップエンドを基準に身体を合わせてみてください。そのアドレスがパッテングラインに対して正しい構えとなるんです。その構えのまま打ってみてください。
三波:ほぉー、なかなか打ち易いですね。ラインに対してボールがまっすぐに出る感じが良く分かります。
池田:引っ掛けたり押し出したりが極端に起きにくく、ラインに対してボールが理想的な軌道を描く。それがスキッドセオリーという理論です。見た目には分かりにくいかもしれませんが、フェイス面のロフト角が3度、それに合わせてシャフト角も3度になっているんです。
三波:その設定が理想の転がりを生むんですね。
池田:厳密に言うと、グリーン上のボールは自重によってほんの少し芝の中に沈んでいますので、フラットブローやダウンブローに打ち出した場合、芝の抵抗によって安定した方向や距離の妨げとなるんです。そのためにボールの中心よりほんの少し下をアッパーブローに打つ必要があります。そうして打ち出されたボールは、ノースピンで空中に飛び出し、着地後すぐに順回転となり安定した転がりを得ることができるんです。
三波:しかし、芝の長さによって抵抗も変わってくると思うんですが。
池田:標準設計としてスティンプメーターで8〜10フィートのベントグリーン用になっていますので、ほとんどのコースに対応できると思います。もちろん、より高速グリーンに対応した仕様にも変更が可能です。
三波:それだけの精度を出すのは大変な作業でしょうね。
池田:確かに一般量産品でこの精度を求めるのは難しいと思いますが、我々が持っている精密機械加工、精密金型加工の技術を生かし、一本一本が特注品といえる工程で製作しています。今まで『あのパットが入っていたら…』という思いをされてきた方、何本もパターを買い替えてきた方、ぜひお試し下さい。