旅とグルメ  美容と健康  住まいと暮らし  ショップと企業情報
HOME > 美容と健康 TOP > 健康補助食品 > 三徳株式会社


 
所在地 〒636-0213
奈良県磯城郡三宅町伴堂399-4
TEL 0745-43-3327
FAX 0745-43-0618
フリーダイヤル 0120-041328 (ヨイミツバチ)
URL http://www.nara-santoku.co.jp/
E-Mail santoku@nara-santoku.co.jp
事業内容 健康食品『プロポリス』の
製造・販売
代表取締役 安井 英夫
健康な暮らしを目指して
 毎日をイキイキと快適に暮らしていくために。より幸せな生活を送るために。『健康』こそ人間がゆたかな人生を送るための基本といえるでしょう。
 私たちは『スーパープロポリス』を通して皆様の健康づくりに大きく貢献していくことを考えております。
商品紹介
 



 
  内容量 30ml
希望小売価格 15000円

インターネット特別価格 12000円

 
 

 
  財団法人日本健康・栄養食品協会の認定マークは、厚生省指導のもとに設定した品目別規格基準に基づき、協会の厳正な審査をパスした製品に対してのみ、その表示が許可されたものです。  
     


プロポリスとは
 プロポリスとはラテン語の『プロ』守ると、ギリシャ語の『ポリス』都市を組み合わせた造語で『蜂の町を支える』という意味です。
 ミツバチが採取した植物性樹脂類とミツバチの唾液の酵素とを混ぜ合わせた、粘り気のあるニカワ状に変化した物質です。ミツバチはこのプロポリスを使って巣の入口や内部に塗り付け、無菌状態を保ちます。ウィルスやバクテリヤなどの有害な微生物から守る役割を果たしいるのです。4000万年前からミツバチが本能的に自分達の巣房を守るために使われている物質です。
 そのプロポリスの主成分は約20〜30種類のフラボノイドです。質・濃度は類を見ない驚異的なものです。その他にも各種ビタミン類ミネラル等の栄養素も豊富に含まれています。






常務取締役 安井弘高氏

 健康ブームに沸く日本、数ある健康食品の中で一躍脚光を浴びるようになった『プロポリス』。しかし、ここ三徳株式会社ではそのブームにおごる事なく、日々妥協のない商品開発に取り組む姿勢で多くの愛用者からの評価と信頼を得ている。

大自然の恵み

根本:こちらは『プロポリス』の開発から製造・販売までトータルに取り組まれているとお聞きしていましたが、どういった経緯からはじめられたのですか。
安井:オーストラリアのサウスオーストラリア州に永住している友人が、現地の養蜂家との接点を持っていたんです。プロポリスに抗癌作用があるらしい…云々という話が日本国内に浸透しつつあるちょうどその頃、その友人から『品質の良いプロポリスが取れますよ』という話を何度かもらったんです。
根本:ではそのお勧めを“天の声”と受けとめて…。
安井:はい。現地の養蜂家を直接視察に行って『よし、プロポリスをやろう!』とその場で決めたんです。早速原塊を国内に輸入して、アルコールで抽出、商品化にこぎつけました。
根本:そうしますとこちらはオーストラリア産になるわけですね。『プロポリス』と言うと“ブラジル”というイメージがありますが。
安井:オーストラリアの主要木と言えば皆さんご存知のユーカリですが、さまざまな栄養分、例えば“フラボノイド”や“ビタミン”を多く含んでいて、昔から薬用の木と言われてきました。太陽の光をいっぱいに受けた花とユーカリ林の大自然に育まれた栄養分を吸収するミツバチから抽出した100%天然原料のプロポリス原塊、なかなか素晴らしいですよ。
根本:正に大自然が与えてくれた“恵み”ですね。
安井:当初、産地にこだわりは持っていなかったんです。ただ商品に対する妥協は一切しませんでした。良いものをふんだんに使った開発、品質に対する絶対の自信、それを追求していく中から出た答えがオーストラリア産だった訳です。

※注意 現在は更なる品質向上を目指し、ブラジル産のスーパープロポリスを提供致しております。
詳しくはこちらをご覧下さい。


ミツバチからの贈り物

根本:具体的にどんな商品がありますか。
安井:当社が平成7年に熊本大学医学部第2内科にプロポリスの研究を依頼し、基礎実験を積み重ね学会に発表した後に、製造・販売をしていますのがこちらの『SUPER PROPOLIS(スーパープロポリス)』です。生物が必要とする成分が約60種類以上も含まれているんですよ。さらに本品は厳選されたプロポリスからのみエキスを抽出し、熟成期間も長く高濃度に調整した最高品質のプロポリスチンキです。
根本:へぇ、すごーい。体に必要な全ての栄養分が、これ1本にふんだんに盛り込まれているんですね。
安井:はい。健康な方でしたら1ヶ月で1本(30ml)が目安となりますが、お薬とは違いますのでいくら飲んでも飲みすぎということはありません。
根本:健康維持には欠かせない1本ということになりますね。その効果はすぐに表れるものなのでしょうか。
安井:いわゆる人間の持つ“自然治癒力”や“免疫力”を高める効果をもたらす食品ですから、2〜3本飲んだから病気が直るというものとは違いますので。
根本:どういった方が多くご利用なさっていらっしゃいますか。
安井:癌や糖尿など、いわゆる成人病(生活習慣病)の方がほとんどです。食事療法中の補助的な食品としてご利用いただいております。
根本:最近いろいろな商品を目にしますが、その違いはありますか。
安井:確かにどれが本当に良いプロポリスなのか…という事は消費者には判断しにくい所ですが、抽出濃度(純度)と価格を見ていただくという事になりますか。
根本:そうしますと高濃度で手頃な価格のものをということですか。
安井:判断基準の一つにはなりますが、いちがいに比較することは難しいですね。因みに、私どもでは26%の濃度でご提供させていただいております。事実これよりも濃いものは作れないんですよ。低すぎても効き目が薄いですし、高すぎても信用性に欠けるということになりますね。
根本:なるほど。
安井:古代エジプトの棺は、蜜ロウ(ワックス)を塗って密閉されて作られていたんですが、中の遺体が全然腐らなかった。すなわちバクテリアやウィルスを全く寄せつけなかったんですよ。プロポリスは『殺菌性』『抗菌性』が強い食品です。皆さんもミツバチからの最高のプレゼントをぜひお試し下さい。