旅とグルメ  美容と健康  住まいと暮らし  ショップと企業情報
HOME > 美容と健康 TOP > 医療機関・介護 > 形成外科・皮膚科・美容外科『藤井クリニック』



形成外科 皮膚科 美容外科 藤井クリニック藤井クリニック
所在地 〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場4-13-11
ミフネビル5F
TEL   06-6251-0111
FAX   06-6251-7715
URL   http://www.fujii-clinic.co.jp/
E-Mail   fujii-c@arion.ocn.ne.jp
休診日   毎週水曜日・祝日(日曜日は予約診療)
業務内容   形成外科・皮膚科・美容外科
院長・医学博士 藤井 俊一郎

 形成外科外来 ― 各種健康保険取り扱い可 ―  
ワキガ・多汗症
  外科的に汗腺を除去することにより、的確に改善されます。手術後の傷跡もほとんど目立ちません。
皮膚腫瘍
  ホクロ・イボや、皮膚に生じた腫瘍をレーザーを用いて簡単に除去が可能。(※悪性のホクロや腫瘍の可能性もあり、切除が必要な場合もあります。専門医の診察が必要です)
キズ形成(瘢痕修正)
  交通事故や手術後で生じた、引きつれやキズ跡(瘢痕)を除去し、ほとんど目立たない状態に修正。
巻き爪(陥入爪)
  爪の変形を外科的に改善し、正常な状態に修正。
体表奇形
  陥没乳頭、折れ耳、でべそなどの先天的な形態異常を正常な状態に修正。
一般外傷
  皮膚の切創や打撲、ヤケドなど皮膚外傷の治療も行っております。
 皮膚科外来 ― 各種健康保険取り扱い可 ―  
一般皮膚疾患
  手あれ、化粧品かぶれなどの接触性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、水虫(足白癬)、蕁麻疹、尋常性乾癬など、皮膚疾患に対応。
  ニキビ治療
  難渋するニキビに対しては、通常の投薬軟膏療法の他に、ビタミン療法や胎盤治療、ケミカルピーリングなどを組合わせた治療を行っております。
  医療ケミカルピーリング
  再発を繰り返すニキビや、ニキビ痕の改善にグリコール酸・サリチル酸を用いたピーリング治療を行っております(1回8千円から)。肌の状態に応じて治療法を選択します。
 フォトフェイシャルによる抗老化療法
  シミ・色素沈着・細かいシワ・毛穴の開きに
  シミやソバカスのほか、お肌全般の悩みを解決してくれるのが『フォトフェイシャル』という最先端の治療法です。これは1988年、美容先進国のアメリカで開発された肌に全くダメージを与えない、顔全体の若返り可能にする治療法です。
IPL(インテンス・パルス・ライト)という光線を肌に照射することで、皮膚の中で新たなコラーゲンが形成され、肌本来が持っている再生能力が刺激されます。
その結果、シミやソバカス、小ジワ、ニキビなどの肌の部分的な問題を解決するだけではなく、肌全体のキメを整えて、滑らかな素肌をよみがえらせてくれます。
またフォトフェイシャルは、顔面の毛細血管拡張や酒渣といったいわゆる赤ら顔や日焼けによる肌のダメージを回復するのにも効果があるようです。
レーザー脱毛
  最新のレーザー機器により、安心して脱毛が可能です。不快な痛みもほとんどありません。





ゲスト 生稲晃子

 大学病院の形成外科で長年に渡り経験を積んできた藤井俊一郎院長。“笑顔の集まるクリニック”をスローガンに掲げ、形成外科・美容外科・レーザー外来・皮膚科・植毛・フォトフェィシャルなど、幅広い診療内容で患者一人一人に合わせた治療を提供する。

生稲晃子:こちらは形成外科・美容外科・皮膚科医による専門のクリニックとうかがいました。開業はいつですか?
藤井俊一郎:平成13年の4月です。それまでは近畿大学の大学病院で11年ほど手術の執刀医として勤務していました。今でも講師として勤務しています。
生稲:こちらの開業のきっかけというのは。
藤井:最初は大学に残ることも考えていたんですが、そもそも治療とは、医者と患者さんが双方きちんと納得したものでなければいけません。ですから、患者さんとよく話し合って、適した治療方法を充分に検討して臨みたい。その為に開業いたしました。
生稲:大学とクリニックの両方の勤務というのは大変ではないんですか?
藤井:患者さんに適切な治療を受けてもらうためには、大学で最先端の医療を吸収する事も大切なんですよ。それに大学病院と連携する事で、必要な患者さんは大学病院にすぐ紹介出来ますし、他にも近隣の他科医院と連帯を積極的に進めていまして、専門以外の疾病に対しても柔軟に対応出来るようにしています。
生稲:すぐに必要な手当てを受けられるようにしていただけるのは嬉しいですね。ところで形成外科と言うのは、整形外科や美容外科とは違うものなんですか。
藤井:簡単に言いますと、整形外科が骨折などのように身体の中の診療を行うのに対し、形成外科は体の見えている部分全て、外傷や火傷の痕を目立たないようにしたり、美容整形と言われる鼻や目の手術、口唇口蓋裂などの体表奇形が守備範囲です。
生稲:なるほど昔から言われる美容整形というのは、形成外科治療の一部という事なんですね。
藤井:形成外科は比較的新しい分野ですから、まだまだ知られていないと思います。交通事故や手術によって生じた傷跡の修正や、ワキガも健康保険が使えます。大きなホクロやあざも、除去したり目立たなくなるようにする事は可能です。
生稲:色々な事を知らずに悩んでいらっしゃる方も多いでしょうね。
藤井:治療相談だけでも受け付けておりますので、ぜひ気軽に来院いただきたいですね。