旅とグルメ  美容と健康  住まいと暮らし  ショップと企業情報

復縁や別れさせ屋なら信頼・実績の銀座レディス1。『別れさせ屋』は弊社の商標登録(4549146号)です。

 従来の探偵業の枠を超えた活動はメディアにも注目され、『別れさせ屋』はドラマ化までされた。綿密なプロデュースのよって実行されるプロジェクトは、レポーターの想像をはるかに超えるものだった。まさに業界のパイオニアとして躍進し続けている。


江口ともみ(以下、江口)
『別れさせ屋』の元祖としても知られている会社ですが、依頼は多いのですか?


樋渡 聖(以下、樋渡)
当社が『別れさせ屋』を業務に掲げた時は、他に手がけている会社もなく、テレビや雑誌で取り上げられた事もあり依頼が殺到した時期もありました。現在もたくさんのメールやお電話をいただきますが、すべての依頼をお引き受けするわけではありませんし、同業他社さんも『別れさせ』業務に参入されています。今激増しているのが、ストーカー被害の相談です。以前は嫌いな相手と別れるためにお金を使いたくないという方も少なくありませんでした。しかし、別れ話がこじれて事件につながるニュースが目立ち始め、もめずに別れたい、未練をもたれないようにしたいという方が増えています。


江口
ストーカー事件を聞くと本当に怖いですものね。こちらではカウンセリングにも力を入れているそうですね。


樋渡
はい。依頼者のお話を聞く事はとても重要です。当社は依頼ならどんな案件でもお引き受けするわけではございません。愛人ができたという理由で、ご主人が何の非もない奥様と別れたいという依頼などはお受けしない場合もございます。そしてこれは当然ですが、違法な手段は一切使いません。


江口
『別れさせ屋』とは対照的に『結ばせ屋』という分野もありますが、こちらは具体的にどういったお仕事ですか?


樋渡
『結ばせ屋』とは、何も男女間の恋愛事情に限った仕事だけではありません。ある仕事で企業の役員に会いたいと思っても、個人ではアポイントメントが取れないでしょう。商談したい相手を調べ、スタッフがその人物とゴルフや食事の席で会って親しくなるのです。そこから「紹介したい人がいる」と、依頼者を引き合わせる。ビジネスチャンスを作ってさしあげるわけですね。


江口
お仕事のバックアップをしてくれる、まるでコンサルティング業務のようですね。では、恋愛依頼のお客様はどういった方なのですか?


樋渡
「社内で気になる人がいるが、告白してうまくいかなった場合気まずくなるのを避けたい」、「駅でいつも見かける人が気になるので接点が欲しい」といった方々です。こちらもまずは当社のスタッフが友人になり、そこから交流の輪が広がる形で二人を結び付けます。年間、80組から120組のカップルが当社を介してご成婚されていますよ。


江口
すごい実績ですね。依頼者の想い人には、どうやって近づくのですか? 警戒されませんか?


樋渡
意外とストレートに近づくのですよ。何度か駅や店で鉢合わせて、「よく会うよね」などと話しかける。自分が見張られているなんて想像もしませんから、偶然が重なったと思います。結婚相談所はお相手を紹介してくれますが、そこからお付き合いや結婚に至るまでは自己努力ですよね。当社ではお相手の日常の行動、交友関係を調査し、入念なリハーサルを経て近づき、依頼人との仲をプロデュースします。もちろん守秘義務は絶対ですから、ご安心ください。