旅とグルメ  美容と健康  住まいと暮らし  ショップと企業情報
HOME > 美容と健康 TOP > 医療機関・介護 > 医療法人 グランクリニック

グランクリニックでの医療は、“美・健康・若さ”を目指す方々へのお手伝いをします。

所在地 〒460-0008 名古屋市中区栄5-28-19 アルティメイトタワー栄Vビル3F [ 地図 ]
TEL 052-243-4874(シワなし)
URL http://www.grand-clinic.com/
診療時間 9:00〜13:00(受付12:30まで) / 15:00〜19:00(受付18:30まで)
休診日 木曜日・日曜日・祝祭日
業務内容 美容皮膚科、美容外科、形成外科
理事長 中村 恭介
 

 

形成外科医は逆さまつげ、眼瞼下垂、みつくち(口唇口蓋裂)等の手術を通して異常な形態を正常な形態に近づけるという手術から、その解剖学的な特徴などを勉強していきます。だからこそ正常な形態を美しい形にする美容整形手術も可能なのです。当医院では確かな技術と知識をもって、一人一人の患者様の要望にお答えすることができるよう【完全ワンドクター主義】をとっておりますので安心して治療を受けることが可能です。

 

形成外科は外表の変形を治療する診療科ですので、手術やレーザー治療が中心になります。
生まれつきの奇形(みつくち、指の変形、耳の変形など)の修正手術や怪我による変形・アザなどを治療します。これらの厚生労働省が認める形成外科の治療に関しては保険診療を行っております。悪性変化が疑われるような症状(出血、急激に増大するなど)の見られるホクロや直径が6mm以上のホクロは保険診療の適応となります。また、イボ(老人性のイボを除く)の処置も保険診療の適応となります。

 
エントランス リハビリテーションルーム 診察室
 



ゲスト 原 史奈

 肌のメンテナンスを行う“質の治療”、形態を施術で整える“形の治療”。この双方から最適な美容医療を提案するのが『グランクリニック』だ。形成外科と整形外科の2つの専門医資格を持つ中村院長が『完全ワンドクター主義』であらゆる悩みに対応。メスを使わない最新治療や充実した設備で、男女問わず幅広い年代の信頼を獲得している。

原 史奈:形成外科手術から美容皮膚治療まで、充実した施術メニューですね。なかでも得意とされている治療は何でしょうか。
中村恭介:保険が適用になる眼瞼下垂の手術を中心に、目の周囲のアンチエイジング治療が多いです。また、美容皮膚科・美容外科ではフェイスリフト・小鼻・脱毛などを、形成外科では口や耳の形成術・火傷やあざ・わきがなどの治療を行っています。
:私も30代になり肌の悩みが増えてきました。維持するためにはどうすればよいのでしょうか。
中村:肌の変化は色で分かります。シミやくすみが目立ち始め、笑った時しかできなかったシワが無表情の時にもうっすら出てくる。こうした変化が年齢と共に右肩上がりに増えていきますから。止める事は不可能なので変化のカーブを緩やかにするために、定期的なメンテナンスが必要です。皮膚は生まれて垢になって落ちるまで約6週間かかりますが、新しい皮膚に生まれ変わる処置を早期に繰り返す事で進行を遅らせる事ができるんですよ。
:早めに気づいて予防する事が肝心なのですね。
中村:アンチエイジングは高額な治療費をかけて1度で治療するよりも、数回に分けて継続する方が効果的です。部屋の掃除と同じで、年に1回の大掃除だけではありませんよね。普段からの手入れがきれいを維持する事に繋がりますので、やはり日々のメンテナンスが大事です。
:こちらを開院される前から、整形・形成外科の分野で経験を積んでこられたそうですね。
中村:事故での怪我や先天性異常の治療、再建外科など様々な症例を担当し、形成外科医として必要な知識や技術を培う事ができました。例えば、真っ直ぐに切った傷を真っ直ぐに縫うには、バランス感覚が必要です。皮膚は柔らかい上に動きますので、それぞれ同じ呼吸で同じ箇所に縫わないと真っ直ぐになりません。当クリニックで多く手がける瞼の二重手術も、簡単そうに見えて1番難しいのではないかと思うのです。ただ二重にするのではなく、その先の質の良い治療を追い求めれば簡単なものほど難しい。手術機械の使い分けや処置する匙加減も患者さんごとに違ってきますから。やはり経験が重要ですね。
:今までの蓄積が院長の確かな技術となって生きていらっしゃるのですね。美と健康を追究する側にとっては心強いでしょう。
中村:これは患者さんへのお願いなのですが、当クリニックで治らないものはよそでもおそらく治りません。医療である限りは思い通りにならない場合があるのです。ですが、その際のアフターフォローはきっちり致しますので、患者さんにもリスクは必ずともなう事を自覚して受けてほしいですね。抽象的に「可愛くしてください」と言われても明確な基準がありませんので、ある程度のモラルをお願いしたいです。その上で患者さんお一人おひとりのご要望に合わせ、確かな技術でお応えしますので安心してお任せください。